免震のナイス「ノブレス」すべてを免震に。安心を追及してたどり着いた免震構造を、すべてのマンションで採用。免震No1のナイスが贈る新マンションブランドです

強耐震マンション

国は、首都直下地震の被害を最悪の場合で死者2万3千人、建築物の全壊・焼失棟数を61万棟
南海トラフ地震の被害を最悪の場合で死者32万3千人、建築物の全壊・焼失棟数を238万6千棟としています。
さらに避難者数は、首都直下地震の場合、首都圏人口の5人に1人に当たる約700万人
南海トラフ地震では約950万人に及ぶとされています。
そのようななか、首都直下地震及び南海トラフ地震発生の確率今後30年以内に70%程度とされており、
南海トラフ地震、特に首都圏に甚大な影響を及ぼすと言われている東海地震については30年以内に88%とされています。
また、政府の地震調査委員会は平成26年12月19日、今後30年間に震度6弱の揺れに見舞われる確率の分布を表した
「全国地震動予測地図」を4年ぶりに全面改訂
しました。三陸沖から房総沖、南海トラフなどにおいてM8~9クラスの地震を
考慮し、県庁所在地周辺としては横浜市が78%全国で最も高くなりました。

 地震関連情報 参考サイト

■ 内閣府 防災情報のページ ■ 横浜市総務局 横浜市地震被害想定 ■ 神奈川県 想定地震《大正型関東地震》について

強耐震マンション

それは、住まいづくりに携わる私たちの使命です。免震構造は、地震の揺れを建物と地盤の間に
設けられた装置で揺れを吸収し、建物に作用する地震の力を弱めます。建物はもちろん、
家具の転倒などによる室内への被害も抑制しご家族と暮らしを力強く守ります。

私たちは、検査体制にも厳格なルールを設け、独自の品質管理システム「PRISM(プリズム)」を確立。法的に義務のないフロアまで、第三者機関※3が検査を行う「全フロア躯体検査」を実施。 また、工事現場を24時間ライブ中継する「ナイスビューシステム」などで情報公開に努めています。さらに、竣工後検査では選抜女性社員による「チームなでしこ」が活躍。女性ならではの視点で仕上がりを隅々までチェック。ここまでやるから強くて快適。当社のマンションが支持される理由です。
※3国土交通大臣指定建築確認検査や国土交通大臣登録住宅性能評価機関

免震構造は、基礎と建物の間に免震装置を設置し、地震の揺れが直接上部の建物に伝わらない…。 つまり、地震時にも住戸内は激しく横揺れしない安全な建物を実現。従来の耐震構造に比べて家具の転倒や器物の落下がしにくく、また、避難出口や配管が破損しにくいので二次災害を防ぐ効果もあります。

免震マンション特集サイト

免震マンションインタビュー


日本は、これまで数多くの大震災を目の当たりにしてきました。とくに、1995年の阪神・淡路大震災は住まいづくりに携わる私たちに大きな衝撃を与えました。なくなった方のほとんどの方が家屋の倒壊や家具の転倒によって圧死されたのです。それは「住まいは、命を守るもの」というごく当たり前のことを、今一度見つめ直さなければならない重大なできごとでした。そして、2001年より「住まいの構造改革」キャンペーンを提唱し、地震に強い住まいづくりの大切さを訴え続けています。命だけでなく、大切な財産や生活さえも守る。常に安心できる「地震に強い家づくり」の普及をこれからも追求してまいります。

もしもの時ために、今すぐできる防災対策。


ナイスエスト株式会社の公式ホームページはこちら

ナイス株式会社の公式ホームページはこちら

ナイス住まいの情報館への買い替えのご相談はこちら


大地震でも大きく揺れない免震構造。横浜市港北区にマンション「ノブレス綱島東」誕生。  ※このマンションの掲載の情報は全て最終更新日時点のもので、変更となる場合があります。
※首都圏供給棟数実績1位/東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県の一部(筑波地区、土浦地区)(対象期間:1996年1月〜2016年8月15日/ 茨城県、栃木県、群馬県、山梨県(対象期間: 1996年1月〜2016年6月30日)◎データ資料:MRC調べ(2016年9月30日現在)

↑